ご利用校の声

※学校名の五十音順で掲載しています。

  • 就職活動ピーク時のPV数は30,000件オーバー
    学生が幅広く企業を知る機会を提供できました

    関西学院大学 キャリアセンター 八木 寛人 様

    本学でのキャリタスUC導入は2017年3月になりますが、過去に導入していたシステムに比べ、企業情報・求人票の情報量が多いため、学生が幅広く、そして正確に企業を知る機会を提供できたのではないかと思っています。サイト分析データを確認すると、学生の就職活動ピーク時の月間PV数は30,000件を超え、学生が積極的にキャリタスUCを利用していたことがわかります。

    今後も学生側の検索性向上など、更なる利便性の向上を図っていただくとともに、私たちキャリアセンターとしても、継続的に学生の利用を促していきたいと考えています。

  • 求人票配信企業は3倍増
    学生の面談予約倍増に嬉しい悲鳴も

    京都外国語大学 キャリアセンター 主事 長江 雅之 様

    キャリアセンター業務にアナログな部分が多く、職員の労働時間は増加し、結果的に学生サービスの低下という問題が表面化。業務のIT化は急務でした。また本学のような単科大学では職員数も限られるため、いかに企業との接点を増やすかという課題もありました。

    キャリタスUCは利用企業が右肩上がりということもあり、実際に求人票を送っていただいた企業は前年比で3倍にのぼり、マンパワー不足を確実に補えています。学生サービスの面では、あらゆる機能がPCとスマホで完結できるという利便性の高さから、面談予約が2倍以上になっており、忙しくも嬉しい悲鳴が上がる結果になっています。

  • 最新の情報をタイムリーに学生へ
    キャリタスUCで実現できたデータの一元化

    首都大学東京 学生サポートセンター キャリア支援課 主事 飯田 麻耶 様

    キャリタスUCでは、企業情報・求人票に学校独自の検索項目を設定できるので、来校された企業には特別にフラグを立てて学校・学生双方で検索できるようにしています。また、来校の際にお聞きした情報をメモ欄に入力できるので、最新の情報をタイムリーに学生へ提供できるのは大きなアドバンテージですね。

    キャリア相談予約は今まで3キャンパスで別々に受け付けていましたが、キャリタスUC導入によりひとつに統合できたので、学生の利便性は大きく向上していると思います。今後も学生のために、より多くの企業から多彩な求人票が届くことを望みます。

  • 情報のデジタル化により学生利用率も向上
    企業・学校・学生、三者にメリットがある

    戸板女子短期大学 キャリアセンター 部長 坂 勇次郎 様

    郵送やFAX等で送られてくる求人票を学内の就職システムに入力するには、膨大な労力を要するため、本学では求人票をPDF化して学生に閲覧させていましたが、検索性が低く、システム導入のメリットは薄れていました。

    2018年度からはキャリタスUCにシステムを一本化しましたが、就職情報は企業側で入力されるため、職員の作業量は大幅に削減されました。また情報のデジタル化により検索性が向上し、学生利用率も高まっているようです。企業・学校・学生、三者にメリットがあるシステムなので、それぞれにユーザーが増え、よりマッチング率の高い仕組みとなっていくのではと思っています。

  • 企業側での情報入力・更新で労力削減
    就職課独自のデータベース構築に期待しています

    長崎県立大学 就職課 グループリーダー 岡村 哲也様

    本学では学生のキャリア相談申し込みや、企業説明会、その他セミナーの参加申し込みを就職課窓口で受け付けていました。また、実績を把握するため、別途管理台帳に参加人数等を入力していました。

    キャリタスUC導入後は、この窓口業務がすべてシステムで完結できるようになったため、目に見えて省力化が図れています。また、キャリア相談や参加した企業説明会の履歴等が学生情報に紐づき保存されるため、的確な学生指導が行えるようにもなりました。
    求人票の配信企業も増加傾向にあります。今後もデータを蓄積していくことで、就職課としての独自のデータベースが構築されていくことを期待しています。

  • 複数の事務的な課題を解決
    行政機関等での利用が進むことを期待する

    弘前大学 学務部就職支援室 就職支援室長 佐々木 宣子 様

    企業からの求人票は郵送やメールへのPDF添付で本学に届くことが多く、情報の整理等に膨大な時間を要していました。そこに投下せざるを得ない人件費の増大、求人票を保管するスペースの確保等、事務的な課題はひとつではありませんでした。

    キャリタスUCを導入してからは、統一されたフォーマットで求人票が配信されてくるので、情報管理が非常に楽になりました。また、求人票のデジタル化が実現できたため、物理的な保管スペースの問題も同時に解決されています。今後、行政機関や医療関係法人の利用が進めば、学生の利用者数も今以上に増加していくものと思っています。

  • 学生個人の就活動向を管理しやすく
    新たな企業様との出会いも増えています

    北海学園大学 キャリア支援センター 係長 三浦 裕幸 様

    前身のUnicareerから利用しています。今回キャリタスUCにリニューアルされ、学校管理画面も学生検索画面も見やすく利便性が高くなったと思います。利用以前は学生が求人を見つけるまでに時間を要しておりましたが、キャリタスUCを利用することで検索が便利になりました。
    またセンター内で学生個人の就活動向を共有できるようになり、企業情報や求人票の検索性の高さとあいまって、進路指導も的確かつスピーディに行えるようになりました。

    本学は北海道の大学ということもあり、道外から届く求人票はある程度、固定化された企業様からでしたが、キャリタスUCでは物理的なハンディキャップは存在しないため、新たな企業様との出会いも増えてきました。今後も多くの企業様と本学学生が、より良いマッチングに繋がればと思います。

[ お問い合わせ・お申込み ]

キャリタスUC カスタマーサポート

電話:03-6635-6502[ 受付時間:平日10:00~12:00、13:00~17:00 ]
メールアドレス:uc-school@disc.co.jp


※お時間によっては、お電話でのお問い合わせが集中し、電話がつながりにくい場合もございます。
 お手数をおかけいたしますが、メールからのお問い合わせをご活用ください。

このページの上部へ